つれづれまめ V

アクセスカウンタ

zoom RSS 月魚 三浦しをん

<<   作成日時 : 2010/09/26 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



最近、三浦しをんの本を読んでいる。

直木賞を受賞した作品も読んでみた。
続編も出ているのですよね。


少し前の作品も読んでみましょうと手に取りました。

この作品、わたしすごく好きです。
まほろ駅前多田便利軒と同様、男の人二人が主人公の作品です。

でも、わたしは月魚の方が好みでした。
なんか、映画になったら嬉しいな、と思いました。

線の細い雰囲気の繊細な古書店主とごつごつとした雰囲気の繊細な古書仲介屋。

幼馴染とか昔なじみとか、そういう言葉はわたしは苦手ですが、
この作品では非常に大切なモチーフ。

なんか、綺麗な作品でした。

ずっと一つ所に居続けるって、どういうことなんだろう。
そこは帰るところなんだろうか。

本を生業にするということは、本が好きな人たちだ。
勝手に繊細なんだと思う。

好みの分かれる作品とは思いますが
本ってそういうものだと思う。

わたしは好きだ。

なんか、キラキラした感じがして、良いなぁと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月魚 三浦しをん つれづれまめ V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる