つれづれまめ V

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ紀行7

<<   作成日時 : 2010/12/26 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ミュンヘンへ移動して観光三昧♪ですよ。

今回のドイツ紀行でどうしても行きたかったところのひとつ。

フラウエン教会です。

その昔、この教会ができたときに悪魔が訪れ、足跡を残した、とか。

で。
足跡です。

画像


うっかり画像のタイトル、「悪魔の足」にしちゃった。
これじゃあ、一緒に写っている足の持ち主が、悪魔だ。

ま、いいですけど。


悪魔的には、建物に窓がないことが良いことらしく、悪魔が足跡を残した場所からは
窓が見えないのです。

そして、やはり見えないのです。

画像


こんな感じです。
シーズンオフに行ったせいでしょうか?
人が少なくて、とても見やすいものでした。

・・・・痛いくらい寒いですけれど!

画像


ステンドグラスも美しいですね。


市庁舎は1日に何度か、からくりが動きます。
ちょっと観に行きました。
ディズニー的からくり具合を求めてはいけませんが
それはそれで面白いかな、と。
市庁舎があるところにはクリスマス市場が出ていて、お店を眺める人は
たくさんいましたが、ゆっくりからくりを見ている人は案外少なかったかな?

そのあと、博物館を見ていたら、時間が無くなっちゃいました。
博物館、じっくり見ようと思ったら、1日がかりです。
宝物館にも入ったのですが、こちらはまた。
あろうことか、すべてレプリカ!それで入場料が博物館と同じって・・・と思いました。

お食事を楽しみましょう、とお店へ。

画像


ドイツでは、その地域独特のソーセージがあります。
ミュンヘンと言えば白ソーセージだとか。

そして、ビアホールではビアホールごとにビールを作っているので
お店ごとに味が違うそうです。

あとは、レバーケッセというソーセージ。ふわふわでおいしかったです。

画像


さらに、シュニッツ。
これもソーセージ。なんか、説明聞きましたが、忘れちゃった。

そして、たぶんこのドイツ旅行で初めてお目にかかったザワークラウト。
キャラウェイシードが入っていて、おいしかった。

画像


白ソーセージは、ひと単位が2本です。なので、注意しないとものすごい量が来ます。
ドイツの人は、きっと白ソーセージ、大好きなのでしょうね。

白ソーセージは、皮は食べません。さらにこのスープは飲まないです。
中のお肉を食べるのですが、それがまたやわらかくておいしいのです!
うまうま。
ソーセージにはからしをつけるのですが、白ソーセージは特別に
ハニーマスタードをつけるんだとか。
甘いからし。甘いのに、辛子。
ちょっとくどいかんじ。

なので、わたしはどれにも普通のマスタードを付けました。

シュニッツは味が濃いソーセージ。
焼いてあるので香ばしいですが、非常に味が濃厚・・・・
量が多いし。

どれもおいしいのですが、味が濃厚で、野菜が棒になったようなものを
酒のあてとして好んでいるわたしにとっては少しハードルが高かった。。。。


たのしいビアホールのひと時でした。

そのあとも、ハードロックカフェに行ったり(冷やかし)
のんびりしつつ、ドイツ最後の夜を満喫しました。

夜の市庁舎にも、ツリーがあってきれいでしたよ。


画像


画像荒くてすみません。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイツ紀行7 つれづれまめ V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる