つれづれまめ V

アクセスカウンタ

zoom RSS モーツァルト! 観劇

<<   作成日時 : 2010/12/05 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



ドイツ紀行を書こうかしらと思っているところです。
が。

ドイツから戻ってすぐにミュージカル観に行っちゃいました。

モーツァルト!です。
ドイツも出てくるミュージカルですよ。


何度目の上演でしょうか。
今まで、モーツァルト役で出ていた、中川晃教さんが卒業し、
山崎育三郎さんが初出演です。

今回は井上芳雄さんがモーツァルトの回を観劇しました。
ヴァルトシュテッテン男爵夫人は香寿たつきさん。
(オフィシャルでチェックしました)

ヴァルトシュテッテン男爵夫人が、モーツァルトを父親の元から
離すために歌っているところで、なんだか泣けてきました。

「今こそ、飛び立つときですよ」とわざわざ教えてくれるのです。
ちょっと、本心がどこにあるのか、謎ですけれど。

この舞台は、山口祐一郎さんがあまり表に出ないので、
わたしはちょっと残念なのですが・・・・

井上芳雄は安心してみていられるモーツァルトですね。
声量がありすぎて、びっくりするくらい。

以前はこの方、きちんとした感がありすぎて、
中川晃教のほうが破天荒感が出ていて良いなぁと思っていたのですが、
今回はそうではない印象でした。

Wキャストの相方(っていうんですかね?)が変わると、
本人にも影響するのかしら。

そして。
香寿たつきさんは。(さんづけ)
悲母観音みたいな役どころで、美しい声でお歌いになりますね。
ほんと、安心してみていられるし、
ああ、ヴァルトシュテッテン男爵だわぁと思います。

コンスタンツェって、わがままよね。
「愛さえあれば分かり合える」とかって歌っていたのに、
よくわかんないけどダンスに行くんですよ。
インスピレーションをモーツァルトにあげなくちゃいけないから。

で、そのあと、モーツァルトが成功して、
あんまり家に帰らなくなったら、
「前のほうが良かった」「お金がなくても良かった」みたいなことを
歌うんですよ。
そして、ダンスに行く気にならないわと嘆くのです。

・・・・女の人って、そういう人多いのかしら。

高橋由美子や市村正親も安定感があるし。
やっぱり、素晴らしい人々がご出演のミュージカルだと思います。


今回、初ミュージカルという方をお誘いしての観劇でした。
井上芳雄、声大きいですよねーという話をしたら、
いやいや、山口祐一郎も同じくらいですよ、と言われました。

山口さんが好き過ぎて、もっと大きい声でもいいくらいに思っていたので
びっくりしました!

ですが、初観劇の方が、「面白いですね。ほかのものも観たいです」
とおっしゃってくださり、ヤッターと思っております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モーツァルト! 観劇 つれづれまめ V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる