つれづれまめ V

アクセスカウンタ

zoom RSS レ・ミゼラブル 鑑劇

<<   作成日時 : 2011/05/30 10:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回で今までの演出での公演は最後、ということで、スペシャルキャストの回も組まれています。

ジャベール役に鹿賀丈史!
そして、、、、アンジョルラスに岡幸二郎さん!

わたしが初めてレ・ミゼラブルを観劇したときに偶然アンジョルラスを演じておられたのが
岡幸二郎さんでした。
どなたなのかしら、と思っていたのですが、わたしと同じようにお感じになられた方が
わたしの近くにいたらしく、教えてもらっていました。


このような組み合わせ、この演出でラストでしたら、行かなければ
と、頑張ってチケットを抑え、観劇してきました。

あとは、岩崎宏美とか、島田歌穂も出ています。


みなさん、思い入れがあるのでしょうね。
歌、溜める溜める。
溜めすぎて、音楽と合わなくなってしまう時も多々。


鹿賀丈史、カッコいいですー
若いジャベールの時はただの格好良い人なんですけど
年を重ねるとだんだんと変わってくるのですよ。

もしかしたら、(もしかしなくても)ファンの色眼鏡入ってるかもしれないですね!

「堅物」マリウス役に石川禅。
わたし、好きなマリウス役の方が他にいたのであんまり気にしないでいたんですけどね。
いやー、、、、この方、素晴らしいですねー


エリザベートの優しい旦那さんの役とか、すごく合ってたんですけど、
こういう若者の役でも違和感がないし、何よりも声が美しい。

マリウスらしさが出ていました。


マリウスの結婚相手が、神田沙也加なので、年が合わないなぁと思っていたのですが
そんなことありませんでした。
声も作っていたのかしら。若くて張りのある声に。
それとも、後ろのほうで観ていたから、気が付かなかったのかしら。


鹿賀丈史が目当てなので、鹿賀丈史が死んじゃったら、(役で、ですよ勿論)
なんだか、気が抜けてしまいました。


そのあと、盛り上がりが何度もあるのに。


ジャベール、バルジャンあたりは、それしかやらないですが、
それ以外の役柄の人は、出てくるまで、とか
出てこなくなったら、群衆の役をやっています。


慣れてきたら、「ここにいる!」っていうの、わかるのでしょうね。


今回はアンジョルラスが何をやっているかは割と分かりましたかね。


パンフレットにもそういう表があるようですよ。
欲しいなと思ったのですが、パンフレットを買うよりは観劇の回数を
増やしたいので、我慢我慢です。

島田歌穂も初めて観ましたが、素晴らしいですね。
エポニーヌ、本田美奈子さんがやっておいでだった役ですね。。。。


ガブローシュ、加藤清史郎君でした。
テレビから出てきた人ですが、頑張っていたと思います。

子役の子の声って美しいですねー


ああ、良いものを観ました。

鹿賀丈史、バルジャン役で出てほしかったなぁ・・・・


みなさん、思い入れがあるのが伝わってくる舞台でした。
チケットとれて良かった。観劇できて、良かったです。


素晴らしいものをありがとうございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レ・ミゼラブル 鑑劇 つれづれまめ V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる