つれづれまめ V

アクセスカウンタ

zoom RSS レ・ミゼラブル 観劇

<<   作成日時 : 2011/05/04 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



山口祐一郎さんが、ジャン・バルジャンをなさるので、観に行きました。



体が大きいので、暗転後、出てくる影でわかりますね。



レ・ミゼラブルは、主要な役柄はすべてダブルキャスト、トリプルキャスト
キャストによってはもっとたくさんで構成されています。


なので、すべての役柄が観たいと思っている方になることは、難しい。



今回は、ジャン・バルジャンが山口祐一郎さん、ジャベールが岡幸二郎さんでした。


お二人とも、歌い上げておいでです。


アンジョルラスの役の方がものすごく濃い印象でした。


エポニーヌの役の方、Jenniferさんというかたでした。なんか、惹きこまれました。



バルジャンが働いても、安い賃金しかもらえず、宿屋へ行っても泊めてもらえず、
困っていたところに、手を差し伸べる司教の場面で、いつもグッときます。
(すごく早い場面ですね)


エポニーヌがマリウスに好きになった人を探してくれと言われて、
マリウスのためにコゼットと引き合わせる場面。
マリウスに逢うために来たのに、マリウスから「コゼットに手紙を届けて」
と追い出される場面。
マリウス、何度も何度もエポニーヌの傷口に塩をすり込むのだ。


いつみても、「そんな男、やめときなさいよ」と思うのだが。
エポニーヌのお母さん(マダム・テナルディエ)はそんなエポニーヌの気持ちはお見通しなのに。


堅物マリウス、どんだけ堅物なのよと思います。
毎度のことながら。


今回はどの方も素晴らしかった。
歌が、すばらしい。

そして、レ・ミゼラブルは歌しかないので、素晴らしいんだ。


何度も何度もカーテンコール。


本当に、素晴らしいミュージカルだ。


ジャン・バルジャンの山口祐一郎さんは、わたしはこの日が最初で最後。


次は、スペシャルキャストの回ですよ。
これもまた、楽しみです。



ステキな舞台をありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レ・ミゼラブル 観劇 つれづれまめ V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる