つれづれまめ V

アクセスカウンタ

zoom RSS 姫野嘉兵衛先生と杉本彩さん

<<   作成日時 : 2011/10/31 23:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0



わたしは、何度かここで書いているが、姫野嘉兵衛(カオルコ)先生の本が大好きです。


読んだ後に、重ったるいものがおなかのあたりにあり続ける作品が多かったりしますが、
どうしても、拝読せずにはおれないのです。


姫野嘉兵衛先生のインタビューが、「婦人公論」という本に載りました。


遠距離で、要介護の身内を持つ者としてのお話でした。


とても良い、ケアマネさんに出逢われたのでしょうね。


どうして、自分が育った場所を出て行ったのか。


とても、明確で、すとんと落ちるけれども、「自分が育った場所」にすまい続けている人たちには
話せるものではないですよね。


わたしはずっと、そう思い続けていることは
いけないことなのだと思っていた。


でも、人の感じ方はその人の数だけあると思うし、
ひとりの人が一つしか感じ方がないとは思わない。


このインタビューは、すごく姫野先生の言葉だった。


わたしには、そう思った。


とても丁寧に、お話になっている感じでした。


そして。
同じく「婦人公論」同じ号に杉本彩さんのインタビューが載っています。


杉本彩さんも丁寧に丁寧にお話になっています。


本当に、いろいろな形で人とのかかわりがあるのだなぁと思います。


どんなに思いを馳せても、思った形で伝わらないこと、日常茶飯事よね。
と、改めて思いました。


シミジミと、拝読いたしました。


お二人とも、好きな方です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
姫野嘉兵衛先生と杉本彩さん つれづれまめ V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる