つれづれまめ V

アクセスカウンタ

zoom RSS ラブネバーダイ 鑑劇

<<   作成日時 : 2014/05/10 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


劇団四季がやっている「オペラ座の怪人」。その後の物語です。

もう、上演は終了してしまったのかしら。


以前、劇団四季に所属しておられたお二人、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主演をなさっています。
おりしも、市村正親さんは、四季時代、オペラ座の怪人役をなさっていたとか。
わたしはお二人が四季に所属しておられた時を観たことがないのですが。

オペラ座の怪人は何度か観劇したことがあります。


さて。
市村正親か鹿賀丈史かと言われたら!
勿論、鹿賀丈史です。


怪人役鹿賀丈史の回を観に行きました。
体調不良で降板し、代わりに市村正親が演じた回もあったとか。
わたしが観に行った回は、大丈夫でした。

平原綾香が、「音楽の天使」といわれ、怪人にみいだされたクリスティーヌの役をされていました。
初めて平原綾香が歌っているところを観ました。声が良く出ますね。

クリスティーヌの友人でもあり、怪人を支える人としてメグ・ジリー役に笹本玲奈。

メグ・ジリーの役は笹本玲奈ですごいあってたと思いました。
怪人を慕っているのに、怪人の心にはクリスティーヌが占めていて、かなわない、と思った時の切なさとか、怪人に褒めてもらいたくって、いろんな役を演じたりして、頑張っちゃうかわいらしさとか。

好きすぎてどうしてよいかわからなくなって、恋敵であるクリスティーヌを殺してしまう悲しさ、辛さ。


笹本玲奈ならではだなーと思ったのでした。
本当、この人は安心してみていられる。すごく難しい役どころだと思うんですが、光っていたと思います。

メグ・ジリー役はあってると思うんですが、この人がクリスティーヌを演じたらどうなるかなぁとちょっと見てみたい気持ちになりました。

この演目は、子役が結構歌ったり、演じたりと出てきます。
わたしが観た回は、誰だったかなぁ。松井月杜君でした。
とてもきれいな声で、良かったです。

そして、相変わらず鹿賀丈史はステキなのでした


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラブネバーダイ 鑑劇 つれづれまめ V/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる